大阪のクリニックでたるみ治療

進行する老け顔を止めるために治療を決意

進行する老け顔を止めるために治療を決意 : 美肌効果も得られたヒアルロン酸の注入

私が年齢による肌の衰えを感じ始めたのは、30代半ば頃からです。
具体的な症状についてですが、毎日基礎化粧品で保湿ケアを行っているのに常に肌が乾燥している、目の下にシミやクマやくすみや肝斑が生じて全体的に暗く老けた印象になってしまう、顔のあちこちに乾燥小じわが出来るので表情を大きく変えることに抵抗を覚える、生理前になると口の周りや顎のあたりに大人ニキビがたくさん出来てなかなか治らない、たるみが生じて全体的に皮膚が下がってきているなどがあります。
その中でもいちばん見た目年齢に大きく影響しているなと感じるのが、たるみです。
頬のたるみによって毛穴が縦に伸びて楕円形に開いてしまう、口角を上げると口元のほうれい線がくっきりと出てしまう、フェイスラインのシャープさが無くなり全体的にぼやけていて顔が大きく見える、目元のハリ感が失われてアイメイクがしにくいなど、たるみにまつわる悩みや問題は尽きません。
自分なりに色々とケアもしてみました。
口の周りの表情筋を鍛えることが出来るアイテムを使ってエクササイズをする、電気刺激で表情筋にアプローチすることが可能なEMS機能が搭載されている美顔器でトリートメントをする、コラーゲンの生成を促す効果が期待できるラジオ波の機能が搭載されている美顔器を使用する、コラーゲンやエラスチンなどの美容成分をサプリメントで摂取して内側から働きかける、クリームやオイルを塗ってリンパマッサージをしてリフトアップさせる、美容成分が高濃度で配合されているパックや美容液でスペシャルケアをするなどのケアです。
どれもそれなりに効果を実感することが出来ましたが、劇的な変化とまではいかずセルフケアの限界を感じました。
このままほったらかしにして老け顔になってしまったらどうしようという不安感や、何か有効な対策を講じなければならないという危機感を抱くようになり、大阪のクリニックでたるみ治療を受けることに決めました。

たるみ治療 大阪 | 美容皮膚科